北海道上川郡鷹栖町。そのかたすみに、ちいさな森のようちえんがあります。
ここには、3〜5歳児のこどもたちが20人くらい、
毎週月〜金曜日にかけて通っています。
時間は9時半から15時まで。
広大な丘や林をフィールドに、みんなそれぞれ、
自分のやりたいことを見つけて過ごしています。
お母さんたちも、好きな時にやって来て、いっしょに過ごすことができます。


ぴっぱら〜鷹栖の森のようちえん〜

「その人らしさ」が芽生えていく

 

そんな場づくりを目指しています

薪割り・草刈り・手づくりの暮らし

月に一度の「お話会」

畑しごと

こどもも大人もみんなで育ち合う

子育てが楽しい、お母さんに慣れて嬉しい、生きることが楽しい。
そんな気持ちを存分に味わってほしくてこの場所は生まれました。
イライラしたり、迷ったり、落ち込んだり…それぞれの日常を抱えつつも、
こどもたちと一緒に野原でゆっくりお散歩したり思いっきり遊ぶ。
風に吹かれながら、みんなでご飯を食べる。
ただそれだけの時間の中に、大切なことがいっぱい見つかります。


一日何をするかはこどもたちが自分自身で決めます。
かかわり合うこと。満足するまで遊ぶこと。
自分で自分を使いこなすこと。
その環境を保証し、こどもも大人もみんなで育ち合う
場所作りをしています。
自分の心と体で感じてください。
言葉では伝えきれないことが、ここにはたくさんあります。
 

遊ぶこと

 

自然の中に身を置くと、
全身でいろんなことを感じます。
区切りのない、ゆったりとした一日の中で
ひとりひとりが、純粋に「やってみたい!」と
思ったことに、とことん向き合いたい。
本気の遊びはとっても面白い。
こどもたちにとって、遊ぶことは
生きることそのものです。

 

 

食べること

できたてのおかずとお汁はとってもいい香り。
食べたくなった子から、
おいしいね、うれしいね…
食べる事の喜びを味わえるような
日々の食を心がけています。
添加物や放射能を配慮した地元の食材を主に、
素材を活かした味付けで。
自分たちで育てた畑の野菜。
焚き火での料理。
遊び途中に木ノ実をもいでがぶり!
こんなのも格別です。
 
 

かかわり合うこと

こどもも大人も、みんな違うのはあたりまえ。
大切なのは、その違いを認め、
互いに知り合おうとすること。
嬉しいことも悲しいことも、
そのままの気持ちを
肌で感じあい、言葉で届けあいながら、
少しづつ相手を知り、自分を知っていく。
たくさん笑って、たくさん泣いて、
どんどん心がほぐれてく。
そんな関係をいっしょに
育んでいきたいと思っています。
 


特定非営利法人 ぴっぱらの森 森のようちえん ぴっぱら
北海道上川郡鷹栖町16線8号
電話 : 0166−87−5046
Email : zourairu@gmail.com